数ヶ月の住まい

くつろぐ婦人

もし、単身赴任で大阪に行く場合、問題は宿泊場所です。一週間程度ならばビジネスホテルに泊まればそれで良いですが、月単位になるとその価格は跳ね上がります。例えば、一泊7千円のビジネスホテルに泊まった場合、単純計算で20万以上の出費となります。よって、月単位での単身赴任を行う場合、ホテルではなく、ウィークリーマンションを契約し、宿泊することになります。
ウィークリーマンションとは短期契約の賃貸物件のことであり、数ヶ月単位の引越しや仮の住まいとして使われることになります。メリットとしては家財道具一式が用意されているため、荷物の持ち込みを一切しなくて良いということです。物件によっては調理器具まで揃っていることも多く、何も用意しなくても大丈夫です。しかし、月の家賃は家財道具込みなので10万以上かかることが多いです。そのため、1〜2週間程度の短期滞在には適しません。しかし、単身赴任などによる長期滞在の場合はビジネスホテルよりもコストパフォーマンスが高く、多くの人が単身赴任時にウィークリーマンションを利用しています。
大阪には多くの会社があり、遠くの支社から単身赴任で大阪に長期滞在するというケースは珍しくありません。そのため、ウィークリーマンションは多く、様々なグレードの賃貸物件があります。安く済ませたい場合も、できるだけ快適に過ごしたい場合も、大阪でウィークリーマンションを選ぶのに不自由することはほとんどありません。